2023年11月20日から、ブログコンセプトやトップページデザインの変更中です~。11月28日、ブログについてという記事を書きました。こちらをクリックでお読みいただけます。

お前は病気だと言われたイヤな気分が楽になった考え方と行動

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
お前は病気だと言われたイヤな気分が楽になった考え方と行動
困っている女性

学校の友達に病気って言われた……。

腹が立つし、病気なの?って不安になる。

どうしたら、このイライラや気持ちが不安になるのか知っていたらアドバイスをくれないかな?

わたたく

僕も20代の頃に、病気だって言われた経験から、どうやってイライラや不安をマシにしたか教えるね。

この記事を読むと分かること
  • お前は病気だと言われたときの嫌な気持ちが楽になった考え方2つ
  • お前は病気と言われたことを気にしすぎなくなった行動2つ

上記が分かって、病気と言われたことを気にしすぎなくなるヒントを実体験からお伝えします。

こんな経験がある人が書いた記事
わたたく(HSS型HSP)
  • 20代のとき、人に病気だと言われた経験が2回あり、忘れられない
  • 病気だと言われたことを気にしすぎた期間が約10年くらい
  • いろいろな本を読んだり、行動をして35歳。ようやく病気だと言われたときのことを思い出しても、そんなこともあったなと思えるようになった

上記のような経験から、参考になる情報を伝えたい。

病気と言われて、気にしすぎなくなって最も効果があったのは、本屋で購入した本で「自分のやりたいこと」と「自分の才能」を見つけてからです。

「自分のやりたいこと」と「自分の才能」を活かせる行動をすることで、「やりたいことや自分の才能を伸ばしたい、良くしたい」という思う時間が多くなり、病気だと言われたことを気にしなくなりました。

以下の2冊の内容をやることで、自分を見つけました。

わたたく

記事では、病気のことを調べたくなったら、何から調べたらいいのかについても書いているので、参考にしてください。

目次(タップ・クリックした項目へ移動)

お前は病気と言われたときの嫌な気分が楽になった考え方2つ

1 どんな人が言ったのかを考える

わたたく

病気について、なんの知識もない人に、病気だって言われてもなぁ。

って思うことで、僕はイヤな気持ちがマシになりました。

あなたを病気と言った人は、お医者さんでしょうか?

おそらく、病気について勉強をしたことがない、親、知人、同僚かと。

病気だと言われて、イヤな気持ちになりますが、病気だと思い込みすぎず、気にしすぎないようにするのが大事。

2 どんな人かを考え、できるだけ関わらないようにする

以下のような人には、離れることができるなら離れる。できるだけ関わらないようにして対処します。

  • 相手が求めていることを言わないと病気だと言う人
  • 病気って言って、わざと相手をイヤな表情にさせたり、怒らせることで、優越感を感じ、コントロールしたい人

※関わらないといけないときの対処方法は、この先の「お前は病気と言われたことを気にしすぎなくなった行動」の項目で書いています。

僕は、病気だと言われたとき、すごくイヤな気分で悲しい表情になっていたと思います。

病気と言ってきた人はそんな僕を見て、いきいきしているように感じました。

そのような人と接していると、何度も病気とできるだけ、関わらないようにした方がいいです。

お前は病気と言われたことを気にしすぎなくなった行動2つ

1 本を読んで試し「やりたいこと」と「才能」を知って、活かすことを考える時間を増やす

わたたく

病気と言われたことよりも、自分のやりたいことをもっとパワーアップさせたいって思う時間を多くするための行動だよ。

この項目の少し先に載せている、本屋さんで買うか、もしくは、図書館で2冊の本を借りて、あなたの「やりたいこと」と「才能」を知ること。

そして、見つけたあなたの「やりたいこと」と「才能」を活かす行動の改善を続けること。

「やりたいこと」と「才能」を活かす行動を続けることで、どうしたらもっと良くなるだろう?と考える時間が増え、病気と言われたことを考える時間が減り、気にしすぎなくなりました。

まずはやりたいことを見つけます。

学校やインターネットなどのすぐに終わる自己分析ではなく、徹底的に自己分析できるので、自分のやりたいことを知ってる人も、やってみると今までとは違うやりたいことが見つかる可能性があります。

時間をかけて、本の内容をやった方がいいです。

というか、かなり時間がかかります。

上記の本の次に、同じ著者さんの本で、才能を見つけます。

才能についての考え方がかわり、発見が多かったです。

内容が濃いので、時間がかかりますが、やるだけの価値はかなりあります。

わたたく

本をやった結果。

僕は「自分を成長させるというやりたいこと」と「人が求めている情報を考え、伝えることという才能」を活かせるブログ運営をすることで、病気と言われたことを気にしすぎなくなったよ。

笑顔な女性

2冊の内容をやっているときにも、病気だと言われたことを気にすぎなくなりそう。やってみる。

関わり続けないといけない人に病気と言われても、イヤな気持ちを切り替えやすくなる

家族など、関わらないといけない人に病気だと言われた場合も、自分の「やりたいこと」と「才能」を活かす行動をしていれば、気持ちを切り替えやすくなりました。

「やりたいこと」と「才能」を活かせる行動を始めたばかりで、成果がでていないときは、まだまだ病気って言われたことにストレスを感じていました。

ただ、行動を続けていて成長したと感じる経験をたくさんしているうちに、病気だと言われたことが薄れました。

やりたいことである「人の役に立つと思った内容をブログに書き続け、自己成長させること」に集中できるようになっています。

2 病気と言われたことが気になって調べたいなら、HSPやHSS型HSPについて調べる

もし病気だと言われたことを気にしすぎるなら、HSPやHSS型HSPについてから調べてみるといいかなと思います。



HSPやHSS型HSPは病気ではなく、心理学の概念。

人に病気と言われて、調べたくなったとき、最初に精神的な病気や障害から調べ始めるよりも、病気ではない心理学的概念から調べ始めた方が、心の負担が減ると思ったからです。

僕は自分が病気なのかが気になって調べ始めたときは、HSS型HSPの本がまだ出てなかったこともあって、精神的な病気から調べ始めてしまいました。

僕はこの精神的な病気なのか?で、発達障害の本が出てきたときは、僕は発達障害なのか?って悩みました。

で、自分って病気なんかなぁって悩みながらもブログを始めだして、病気のことを調べなくなっていました。

しばらく経過した2023年11月に、HSPやHSS型HSPの本を読んで、僕はHSS型HSPで病気じゃないんだって気づけたんです。

わたたく

病気じゃないって思えて、すごく安心した

まとめ:自分は病気のかな……。と気にしすぎないように、自己分析と才能を活かすことで、前向きな感情を感じる

この記事でお伝えしてきたこと内容
お前は病気と言われたときのイヤな気持ちがマシになった考え方お医者さんじゃない人が病気といったなら、気にしない

人を病気と言うことで怒らせ、優越感を感じる人とは関わらない
お前は病気と言われたことを気にしすぎなくなった行動世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッドで、やりたいことを見つける

世界一やさしい「才能」の見つけ方 一生ものの自信が手に入る自己理解メソッドで才能を見つける

心理学的概念のHSPやHSS型HSPから調べる

自分の「やりたいこと」と「才能」を見つけて、行動を続けていると、病気と言われたことを気にしすぎなくなりました。

わたたく

やりたいことの見つけ方と、才能の見つけ方って本。やってみてね。すごい内容が濃いよ。

笑顔な女性

やって、病気って言われたことを気にしすぎないようにするぞ!

記事内でご紹介した本

記事内でご紹介した本

SNSでシェアお願いします♪
  • URLをコピーしました!
目次(タップ・クリックした項目へ移動)