【お知らせ】記事の中で文章がプログラミングのようなコードになってしまってる箇所があります。新しい記事を書きながら訂正していきますので時間かかります。

台湾ワーホリで好きを仕事にするなら中国語が話せないと辛い【実体験あり】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
困る妄想の彼女

台湾ワーホリであたしの好きな書くことや写真撮影を仕事にしてみたいんだけど、中国語って話せたほうがいいかな?

実際に中国語ができない状態で働いた時にどんな気持ちになったかを教えてほしい~。

わたたく

そんな教えてほしいにお答えするね。

今回の記事の内容

  • 台湾ワーホリで好きを仕事にするなら中国語が話せないと辛い理由5つ
  • ワーホリ留学をする前に好きな分野の中国語を勉強しておく

僕は中国語が挨拶程度しかできない状態で、台湾で仕事をしました。

中国語ができない状態で働くと、どんな辛いことがあるのかを知ることによって、ワーホリ留学前に中国語を学ぶ気持ちが強くなります。

わたたく

僕のライター、写真撮影、音楽の仕事の体験から感じたことを伝えていきます。

出発前に好きを仕事にするためにしておけばよかったことも書いているので参考にしてください。

目次

台湾ワーホリで好きを仕事にするなら中国語が話せないと辛い理由5つ

  1. 給料を安くされる
  2. コミュニケーションができなくて不安が多い
  3. 孤独を感じる
  4. クビになることもある
  5. 次に繋がりにくい

順番に解説していきます。

理由1 給料を安くされる

最初の面接の時に中国語ができないということを理由に、給料を聞いていたよりも低く設定される場合があります。

ワーホリで行くとなると期間も決まっているし、短期間だけ安く働いてもらおうという考え方の人たちも台湾にいます。

わたたく

僕は安く大変な負担の仕事を任されて、バスの中で倒れたことがあります。

何とか助かりましたけど。

困る妄想の彼女

え~っ!!大丈夫だったの?

そういう仕事は断るようにしないと。

わたたく

ライターや写真、音楽関係は特に注意してね。

好きを仕事にしようとする人たちのやる気を利用されます。

メチャクチャな条件でも実績のためにやるだろうと考える人がいるよ。気をつけて。

理由2 コミュニケーションができなくて不安が多い

台湾ワーホリで好き仕事をするなら日常中国語会話はできたほうが絶対にいいです。

日本語や英語は通じないことがほとんどだし、少し話せる人がいたとしてもお互いに以下のようなことを感じます。

  • なんて言ってるのか分からないな。どうしよう。
  • 分かったって言ってるけど本当に分かってるのかな?
  • 言われたことは合ってるんだろうか?
わたたく

日本人観光客さんのご案内をしてるときにね。

台湾のドライバーさんと待ち合わせ場所と時間を決めるんだけど、中国語と英語で喋っててお互い不安だから何度も確認をしたよ。

困る妄想の彼女

ほんとはっきり分かってないと不安が尽きないから辛いね。

理由3 孤独を感じる

中国語ができないと何を話しているか分からない状況の時に孤独を感じます。

笑ってたりすると会話に混ざりたくもなるし、寂しくて孤独を感じるんですよ。

わたたく

孤独を感じると笑顔になりにくいから案内とか接客関連の仕事で楽しく対応できなくなったよ。

妄想の彼女

言葉が分からないと寂しい気持ちになるんだね。だからホームシックになるのかも。

理由4 クビになることもある

僕は日本人観光客さんを案内する仕事をもらえなくなりました。

理由としては中国語ができる人が雇われたから。

中国語が分からないことで、対応を会社の人にお願いすることもあって時間をとらせてしまうこともありました。

わたたく

台湾で仕事をするなら中国語は絶対に必要だなって感じましたよ。

理由5 次に繋がりにくい

中国語ができないと次の仕事を頂ける可能性が減ります。次に繋がりにくくなるんです。

今回は写真撮影の仕事体験を例にお伝えします。

ありがたいことに、知人の紹介でイベント撮影の仕事に関わることができました。

中国語ができていたら仕事をくれた社長さんにアピールをして、また次の仕事につながったかも知れなかったのです。

わたたく

中国語が話せないと次に繋がる可能性は薄く、話せたらアピールできるので次に繋がる可能性もあっただろうなぁって感じたよ。

妄想の彼女

話を聞いていてあたし、語学の準備しないとなって強く思った。やっぱりワーホリ留学するからには充実させたいし。

わたたく

ワーホリ留学に行く前に出来ることはあるからね。

ワーホリ留学をする前に好きな分野の中国語を勉強しておく

ワーホリ留学をする前に好きな分野の中国語を勉強しておく

台湾ワーホリで特に好きを仕事にしたい場合、出発前からオンラインで中国語を学んでおくといい入国してすぐに仕事とか買われます。 

オンライン中国語の良さ

  • 自分の好きな分野に関連する中国語を教えてもらえる
  • 自分の好きな分野に関連する現地の状況も聞ける
  • 自分の好きな情報なので中国語学習のやる気も保ちやすい
わたたく

僕はカナダと台湾のワーホリ経験から今だったら行く前のこうするって方法だね。

語学学校に行かなくてもいいレベルになってたら、台湾ワーホリに行ったらすぐに好きを活かせる仕事につけるよ。

妄想の彼女

ワーホリ先でいきなり働けるとお金の心配も少なくなるし、好きを仕事に出来るから心が満たされそう。

あたし、学校の人間関係とか不安だし、1人で勉強をしたいからオンライン中国語を調べてみる。

先生に台湾の写真のお仕事についても聞けるだろうって思ったよ。

まとめ | 中国語を話せるようになって台湾ワーホリの可能性を広げる

今回の記事のまとめ

  • 台湾ワーホリで好きを仕事にするなら中国語が話せないと辛い理由5つが分かった
  • ワーホリ留学をする前にオンライン中国語で勉強をしておく
わたたく

台湾で中国語ができないと仕事の可能性が減ります。

好きを仕事にしたいならよりいっそう中国語を話せる必要があります。

妄想の彼女

よ~しっ!!

出発までまだ時間があるから勉強を頑張るぞ~!!

みなさんも中国語の勉強と好きな分野での仕事ができるように頑張ってくださいね。

仕事の探し方と詳しい体験談も書いています。

台湾ワーホリのおすすめな仕事と探し方、5つの仕事経験談

それでは今日もよい1日を。

目次
閉じる