海外ボランティアは年齢が若いうちに参加した方が良い理由【高齢でも参加したい方の対策についても】

海外ボランティアは年齢が若いうちに参加した方が良い理由【高齢でも参加したい方の対策についても】
妄想の彼女
海外ボランティアに参加するのにおすすめの年齢って何歳なのかな?

高齢になるとやっぱり難しい?

海外ボランティア経験があるって言ってたから教えてほしい。

わたたく
そんな教えてほしいにお答えするね。

今回の記事では、

  • 海外ボランティアは年齢が若いうちに参加した方が良い3つの理由
  • 高齢になってから海外ボランティアに参加したい場合の3つの対策
  • まとめ | 若くても高齢でも用意は必要

について書いています。

この記事を書いている僕

  • アイスランドとドイツで海外ボランティア経験あり
  • カナダと台湾でワーキングホリデーの経験あり
  • 世界20カ国の旅の経験がある

結論

海外ボランティアには若いうちに参加したほうが良い1番の理由は体力の問題があるからです。

妄想の彼女
やっぱりそうだうよね。

高齢になればなるほど体力も減っていくしさ。

わたたく
他の理由も解説していくね。

▼海外ボランティアの記事まとめ▼

目次(タップ・クリックした項目へ移動)

海外ボランティアは年齢が若いうちに参加した方が良い3つの理由

海外ボランティアは年齢が若いうちに参加した方が良い3つの理由

1 体力がある方がいい

  • フェンスを除去して丸めたりする
  • 道の舗装などをする
  • 井戸から水を運ぶ
  • 現地で仲良くなった子どもたちと遊ぶ

海外ボランティア先では体力を求められるので若いほうが良いです。

わたたく
僕は18歳にアイスランドで山道の舗装、21歳くらいに時にドイツで木こりの仕事をしたけどすっごい大変だった。

疲れ果てて15時位に仕事が終わった時は16時位に寝てしまう時があった。

2 免疫力がある方がいい

免疫力がある若いうちだと海外ボランティア先で風邪にかかりにくくなります。

もしかかったとしても治るのが早いので若いほうが良いです。

3 高齢よりも盗難のターゲットにされにくい

若い人よりも高齢の人からの方が盗難しやすいです。

若くても盗難されてしまう時もありますが高齢よりも目をつけられるのが少しは軽い。

わたたく
路地とかには絶対に行かないようね。

高齢になってから海外ボランティアに参加したい場合の3つの対策

高齢になってから海外ボランティアに参加したい場合の3つの対策

1 プログラムを慎重に選ぶ

経験を生かせるような事務的なプログラムがあれば参加する。

体力的な山道の舗装などは少ないほうがいいかと。

わたたく
山道の舗装は僕もしたけど本当にきつかった。

2 何かあった時のために現地の言葉を話せるようにしておく

  • お腹が痛い
  • 熱がある
  • 足をくじいてしまって歩くのが遅くなってしまう
わたたく
この食べ物はお腹が痛くなる。申し訳ないけど食べれません。
って言葉を話せるようにしておいたら現地でのコミュニケーションがスムーズ。

3 病気になった時の連絡先をメモしておく

話せないほど苦しい状況があることも考えておいて、財布や身につけているものに連絡先や血液型の情報を入れておく。

妄想の彼女
いつ何があるのか分からないし用意できることは用意したほうがいいね。

まとめ | 若くても高齢でも用意は必要

まとめ | 若くても高齢でも用意は必要
わたたく
今までお伝えしてきたことは若くても必要なことだからね。
妄想の彼女
そうだね。

若くても現地で病気になってしまう可能性だって十分にあるしさ。

年齢のことを聞かせてくれてありがとう。

わたたく
他の海外ボランティアの情報は海外ボランティアのカテゴリーに書いているから読んでみてね。

実体験から書いているし参考になるよ。

▼海外ボランティアの記事まとめ▼

目次(タップ・クリックした項目へ移動)
閉じる