海外ボランティアはずっと必要性がある4つの理由

海外ボランティアはずっと必要性がある4つの理由
妄想の彼女
海外ボランティアの必要性って何かな?

日本でボランティアをするのとはやっぱり違う?

経験者としての考え方を聞かせてほしい。

わたたく
そんな聞かせてほしいにお答えするね。

今回の記事では、

  • 海外ボランティアはずっと必要性がある4つの理由
  • まとめ | 実際に行ってボランティア活動をするのはオンライン上とは違う

について書いています。

この記事を書いている僕

  • 短期大学時代。2008年の8月にアイスランドへ(CIEE国際ボランティアプロジェクト)
  • 編入した関西外国語大学時代。2009年の8月にドイツで海外ボランティアに参加(CIEE国際ボランティアプロジェクト)
  • 仕事内容はアイスランドとドイツの両方とも自然保護
  • 大学卒業後はカナダと台湾にてワーホリ、世界20カ国の旅もして海外経験が多い

※CIEE国際ボランティアプロジェクトは2021年3月31日に閉鎖

海外ボランティアはどの時代でも必要です。

理由は海外でしか経験できないことが多すぎるから。

わたたく
さらに詳しく解説をしていくね。

▼海外ボランティアの記事まとめ▼

目次(タップ・クリックした項目へ移動)

海外ボランティアはずっと必要性がある4つの理由

その1 年上も年下も同じ立場で会話する環境を体験できる

海外では年上も年下も意見を交換し合える機会が日本より圧倒的に多いです。

子供は黙って言うことを聞けって家庭環境で育った人は本当に感動する。

わたたく
立場が同じってことは年下にがっつり意見もされることがあるってことだからね。

僕は中学生から英語を勉強していてなんで英語を話せないの?って言われてすっごい落ち込んだ。

そんな落ち込みが経験になって簡単な英語が話せるようにまではなりました。

その2 頑張ったこと、良いということを認めてくれる人が多い体験ができる

頑張ったことを素直にはっきりと認めてくれる人が多いです。

特技を見せると足を引っ張ろうとせず「教えて~!」とか「一緒にやろう」って言ってくれた経験がたくさんあります。

わたたく
外国で外国人の前では自由な時間に自分のできることを見せると良いよ。

その3 違いを聞き、違いを認め合う機会がある

海外ボランティア活動中に相手のことを知る度に仲が良くなっていきます。

「そっちの国では大学ってどんな感じなの?」

「家庭環境ってそんな感じなんだ。」

とか違いを聞き合い、違いを認め合う感覚をつかめます。

その4 現地での悔しさや仲間との別れの悲しさは心を強くする

海外ボランティアではプログラム終了日の別れの日には本当に悲しい。

そして帰国してからやってくる

(もっと英語が話せたらもっと仲間たちと楽しくやれた)

という後悔がさらに勉強をさせてくれる。

日本でボランティアをして仲間と別れる日にはハグをして本気で泣いたりしない。

海外ボランティアだからこそ、経験できる感動がある。

まとめ | 実際に行ってボランティア活動をするのはオンライン上とは違う

2021年。オンライン留学というものがあるのを知った。

もしかしたら日本語を教えるオンライン海外ボランティアというものもあるのかもしれない。

でももし感染症が終わった後に、海外本ランティアに参加するなら是非とも現地へ行ってほしいです。

生活の違いから自分たちが凄く恵まれている環境にいることなどについても考えさせられます。

妄想の彼女
これまでのことで海外ボランティアってこれからもずっと必要だなって分かった。
わたたく
僕は海外ボランティアで自分と人生を大きく変えるきっかけをもらったからね。

海外ボランティアに行かれるならお気をつけて、そして頑張って下さい。

▼海外ボランティアの記事まとめ▼

目次(タップ・クリックした項目へ移動)
閉じる