【お知らせ】記事の中で文章がプログラミングのようなコードになってしまってる箇所があります。新しい記事を書きながら訂正していきますので時間かかります。

ブログでゴミ記事をたくさん書いて自信をなくした人へ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
妄想の彼女
最近、自分が書いているブログの記事がゴミ記事だなぁと思って書く自信をなくしたの。

書きたいけどゴミ記事にしかならないと思って書き始められないの。どうしたらいいかなぁ?

わたたく
そんな悩みにお答えするね。

 

今回の記事では、

  • 自分にとってのゴミ記事とは何かを考えて知っておく
  • 当ブログ運営者のゴミ記事とは
  • ゴミ記事を書いてきたと気づいた時の落ち込みの改善方法
  • ゴミ記事を生み出した経験をダイヤモンドに変える

について書いています。

 

この記事を書いている僕

  • 2018年から1年ほどブログで700記事書くがゴミ記事ばかりでアクセスに繋がらず挫折。ブログを消去
  • 2020年3月。ゴミ記事を書き続けてきた経験を生かしてブログを再び書き始めて少しずつ納得する結果が出てきている

 

(書きたいことがあるなぁ。でもアクセスに繋がらないゴミ記事だし書いても意味ないなぁ。)

(この記事は収益に繋がらないしゴミ記事だなぁぁ。)

 

僕自身。

ゴミ記事とはアクセスにも収益にも繋がらない記事ということを目にして上記のようなことを考えてしまう時がありました。

でも今はアクセスや収益にも繋がらない記事にも価値があるということに気づいています。

 

わたたく
ゴミ記事かどうかは人が決めるのではなく自分で決めること。

そしてゴミ記事を量産してきたと気づいて自信をなくした時にどう行動を変えるかが大事なことを伝えていくね。

目次

自分にとってのゴミ記事とは何かを考えて知っておく

自分にとってのゴミ記事とは何かをよく考えましょう。

何がゴミ記事かどうかはブログを書いている人の目的や状況、立場によって違うからです。

 

例えば、ブログで稼ぐことにに集中している人の場合。

アクセス数が少なかったり、検索上位に表示されなかったり、収益に繋がりにくい一般人の日記系の記事はゴミ記事と感じるでしょう。

 

反対に、アクセス数や収益やブログノウハウに興味がなくて自由に書きたい人の場合。

アクセス数セールスライティングやSEOにも興味がないので購入をおすすめするような記事はゴミ記事に感じるでしょう。

僕の知り合いにアクセスや収益には興味がなくて、ブログをインターネットの検索結果に出ないようにして自分だけで楽しんでいる人がいました。

 

わたたく
自分にとって何がゴミ記事なのかを考えてはっきりさせておくといいよ。

そうすると自分にとってはゴミ記事ないと思って自信を持って書けるし、面白くないって言われたりする意見にも落ち込みすぎずに切り替えられるよ。

妄想の彼女
何がゴミ記事か聞かせてくれないかな?

 

当ブログ運営者のゴミ記事とは

  1. 何も調べずに書いた記事
  2. 構成を考えずに書いた記事
  3. 何のために書いているのか分からない記事
  4. 誰のために書いているのか分からない記事
  5. 書いた後に達成感を感じない記事

1記事で上記5つに当てはまるとブログ運営に成長を感じないのでゴミ記事です。(僕のブログ運営のみの条件)

 

妄想の彼女
今まで上の5つやってこなかったし、あたしにとってのゴミ記事も同じになるよ。

調べて考えてこなかった・・・。

 

ゴミ記事を書いてきたと気づいた時の落ち込みの改善方法

ゴミ記事を書いてきたと気づいた時の落ち込みの改善方法

しんどくても毎日頑張って100記事以上書いてきた。

150記事くらい書いてゴミ記事を書いてきたと気づいて落ち込んでしまった状況の時。

 

少しブログ運営を休む

記事の量が多ければ多いほど、ブログ運営が長ければ長い状況ほど・・・。

ゴミ記事を書いてきたと気づくと非常に落ち込みます。

だからまずは少しブログ運営から離れて休みましょう。

1から3日か1週間か。

落ち込みが少しマシになるまで映画を見たり漫画を読んだりして気分転換をしましょう。

 

先の項目で書いていますが、僕は700記事書いてから僕にとっての(ゴミ記事を書いてきた)って気づいて挫折。

半年間ブログから離れています。

 

ゴミ記事をどう処理するか考えて行動する

落ち込んだ気分を切り替えて、ブログ作業ができるようになったらどうゴミ記事を処理していくかを考えて行動あるのみ。

 

アクセス数がほしいけど、アクセス数がないゴミ記事を量産してしまった場合の例で話を進めます。

 

記事の削除(焼却処理)

ブログノウハウを読んでいて、ブログにゴミ記事があるとSEOに影響するって思ってしまうならゴミ記事を消すのもありです。

僕もこのブログに旅行記事を50記事ほど書いていましたが書き方に納得がいかなくて公開から下書き状態に戻しました。

 

ブログを削除する(完全焼却)【おすすめしない】

僕は過去にはてなブログで700記事書いて自分にとってのゴミ記事を量産してきたと気づきました。

やる気がなくなりブログを削除。半年間ブログから離れました。

 

 

ブログ自体を消すのはおすすめしないですね。

700記事の中でも、アクセスがあったり収益があった記事もあったので分析したかったです。

完全に考えることを諦めてました。

消したことを後悔しています。

 

わたたく
収益のあった記事、アクセスのあった記事を調べて下書きに戻し、他のゴミ記事は消して書き始めたら良かったなと思ってる。

突然ブログを消されたら、読みに来てくれていた人もびっくりするだろうからね。

妄想の彼女
パニクっちゃってブログを消してやり直そうと考えてたけど、冷静になるね。

今まで書いてきたものを見て考えて、どうしたら価値のある記事を書いていけるのか考える。

やっぱり考えないとダメだね。

 

ゴミ記事を生み出した経験をダイヤモンドに変える

ゴミ記事は言い換えれば失敗。 

落ち込んで考えて、どう改善するか分かればゴミ記事の適切な処理をしていきましょう。

ゴミ記事をきっかけにブログ運営が改善されたなら、過去のゴミ記事は輝き始めてダイヤモンドになります。

 

妄想の彼女
自分にとってのゴミ記事が何かを分かってからさ、Google AnalyticsとかSearch Consoleで分析をする大切さが分かったよ。

もっと調べて考えないとね。

大変だけど、やり直していくよ・・・。

わたたく
ゴミ記事を生み出した経験も上手く活かしていこうね。

 

ブログは自分をたくさん成長させてくれる機会をくれますよね。

それでは今日も良い1日を。

目次
閉じる