挫折しないブログジャンル(テーマ)の決め方【失敗経験から解説】

挫折しないブログジャンル(テーマ)の決め方【失敗経験から解説】
URLをコピーする
URLをコピーしました!

よく考えてブログジャンル(テーマ)を決めないと、ブログ運営に挫折する可能性が高くなります。

途中でブログジャンル(テーマ)を変更することも可能ですが、考え直すのが大変です。

できるだけ早い段階でブログジャンル(テーマ)を決めてしまい、ブログを継続していけるようになりましょう。

この記事は「自分で考える力をつけるブログの始め方」の記事の一部分です。

困る妄想の彼女

ブログに書くジャンル(テーマ)の決め方が分からない。

失敗もしたくないし、どんな失敗があるのかも教えてほしい。

わたたく

そんな教えてほしいにお答えするね。

今回の記事を書いている僕は、2016年からブログで稼ぐことに挑戦し始めたのですが・・・。

ブログジャンル(テーマ)をちゃんと考えずに決めて、続きませんでした。

2020年3月31日に始めた当ブログでは、ブログジャンル(テーマ)をしっかりと決めることで続くようになっています。

ブログジャンル(テーマ)の決め方に迷っている方の参考になれば嬉しいです。

目次

はじめに:挫折したブログジャンル(テーマ)の決め方5つを知り、挫折を回避する

以下で解説していることは、アクセス数や収益を増やすことではなく、自分の成長・情報をまとめるためにブログを書くのであれば、挫折せずに続けていけます。

1 需要のないブログジャンル(テーマ)を選んでしまって挫折

ブログのアクセスは、インターネット検索結果とTwitterやinstagramからくるのがほとんどです。

必要としている人が少ない、マニアックなブログジャンル(テーマ)を選ぶとアクセスがこなさすぎて挫折する可能性が高い。

2 収益になりにくいブログジャンル(テーマ)を選んでしまう

例えば、ブログジャンルの旅行記は収益化しにくいです。

飛行機やホテルの予約で収益化をすることは可能ですが、個人のブログから予約するより、企業のサイトから予約されることが多いからです。

僕も過去にブログジャンル(テーマ)で旅行記を選び、700記事書いても、アクセスも収益も増えず挫折しました。

3 アクセスや収益のために興味のないブログジャンル(テーマ)を選んでしまう

アクセスや収益を得るために、興味のないブログジャンル(テーマ)を選んでも、情報を調べながら書くのがしんどくなってきて挫折する可能性が高くなります。

アクセスや収益が増えていく可能性+自分の興味があるブログジャンルを選ぶことが大切。

4 ブログジャンル(テーマ)を決めずに何でも書けばいいとしか考えてない

(何でもたくさん書けばアクセスも収益が増えていく)って考え方で運営していくと、何も考えずに勢いで更新をするブログ運営になる可能性があります。

1~3ヶ月は勢いが続いても、アクセスや収益が増えないと勢いは落ちていって挫折する可能性が高くなる。

5 決めたブログジャンルを書き続けた先に、どんな成長があるのか考えていない

このブログジャンルを書き続けた結果、アクセスと収益が増える可能性がある。

このブログジャンルを書き続けた結果、アクセスと収益はないけど、インターネットの検索結果で1ページ目に掲載される実力があるのか判断できる。

書き続けた先に、どんな成長があるのかを考えないと途中で(何のためにこのブログジャンルを書いてるんだっけ?)だとか(書くの面倒くさい)って考えてしまって挫折する可能性が高くなる。

困る妄想の彼女

失敗して挫折しないブログジャンル(テーマ)を教えて。

挫折しないブログジャンル(テーマ)の決め方5STEP

関連記事を読んでいくことで、挫折しないブログジャンル(テーマ)の決めれるようになっていきます。

時間はかかりますが、頑張ってください。

1 自分の好きを考えて見つける

自分の好きなことの見つけ方【10の質問を書き出して見つける】

2 ブログ運営の目的を考える

継続効果のあるブログ運営目的の設定方法

3 ブログ運営のコンセプトを決める

あなたらしいブログコンセプトの決め方4つ

4 ブログジャンル(テーマ)と雑記か特化ブログかを決める

自分の好きなこと・ブログの目的・ブログのコンセプトから、ブログジャンル(テーマ)を決めましょう。

いろいろなブログジャンル(テーマ)を書いていきたいなら何でも書く雑記ブログで運営を進めていく。

1つのブログジャンル(テーマ)を書いていきたいなら、特化ブログを運営していきましょう。

雑記ブログを運営するなら多くても5つくらいのブログジャンル(テーマ)に絞ったほうがいいです。

雑記ブログでも1つのブログジャンル(テーマ)の記事をたくさん書いた方がいいという情報を読んだことがあります。

5 書く内容を30記事分は簡単に書き出す

ブログジャンル(テーマ)を決めたら、ブログに書いていく内容を簡単に30記事分は書き出しておきましょう。

書き出すことで、次に何を書いていいのか迷わなくなって記事を書く作業に集中できるようになります。

ゲームのブログジャンル(テーマ)で内容を書き出す例

おすすめスマホゲーム・ゲームチェア・ゲームのモニター・ゲームのパソコン・ゲームのキーボード・対人ゲームで勝つためにできること・ゲームの攻略法・ゲームのプレイ日記・ゲームの音楽・ゲームの雑誌など30個以上書き出しましょう。

わたたく

僕は上記のやり方で、ブログ運営が続くようになったよ。

妄想の彼女

いろんなブログジャンルを書いてきてるけど、どんな感じで書いてきたのか教えてくれないかな?

当ブログ運営者はどのようにブログジャンル(テーマ)を書き進めてきたのか【なぜ書いたのかという目的についても】

  1. 自分の経験をまとめて自信をつけながら、ブログの文章力をつける
  2. 自分の好きなブログジャンル(テーマ)をいろいろ書いて分析する
  3. アクセス数や収益について本格的に考え始める(ブログ運営1年半、記事数は約400記事書いた段階)
STEP
台湾ワーホリについて書き上げる

台湾ワーホリ体験談まとめ【つらいこと、注意点も】
台湾ワーホリについて書いた理由
・自分の経験をまとめて自信をつけたかった
・人から需要が少ない記事を書いてインターネットの検索結果で1ページ目に表示されるのか、文章の実力を知りたかった

STEP
海外ボランティア・夢の中での体験・考え方など書きたいと思ったことを書いていた
STEP
カナダワーホリについて書き上げる

【個人ブログ】カナダワーホリ体験談まとめ【つらいことも全部】

カナダワーホリについて書いた理由
・自分の経験をまとめて自信をつけたかった
・書きたい気持ちが強かった
・カナダワーホリについて書ききらないと、他のブログジャンルに集中できなかった

STEP
ブログについて書き始める

ブログ
ブログジャンルを書いた理由
・今まで書いてきた海外経験よりも需要が多い記事を書くとどうなるのかを知りたいから

STEP
自分の好きなこと + インターネットの検索数が多いものを書いていく予定

2021年12月の下旬から2022年1月より開始する予定ですね
この記事を書いている2021年12月9日現在では漫画や映画に関して書きたいなと思ってます

妄想の彼女

あたしも書くブログジャンルに目的を考えて書いてみることにする。

ブログジャンル(テーマ)で感じる失敗は、他人が決めることじゃない

アクセス数や収益を得られにくいブログジャンル(テーマ)を書くことは失敗だという意見があります。

しかし、アクセス数や収益を得られにくいブログジャンル(テーマ)を書いて、結果的に自分とブログの成長があるのなら失敗じゃないです。

僕はインターネットで月に10-100回検索されているものを多く書いてきました。

アクセス数や収益はなかなか増えていませんが、インターネットの検索結果で1位になる感覚を知ることができたのは自信になりました。

もちろん、しんどいときもあって書けないときもありましたが・・・。

ブログで身につくスキル42【実際に身についている経験から執筆】」で書いたようなスキルも身につき、ずっとブログを書き続けていける自信があります。

ブログジャンル(テーマ)を決めたら、インターネットで1ページ目に表示されるための書き方を勉強する

書いた記事がインターネットの検索結果で1ページ目に表示されると、読んでもらえてアクセス数が増えます。

しかし、インターネットで1ページ目に表示される記事書くには「SEO」というものを意識した書き方をする必要があります。

この「SEO」を意識した書き方をすることで、ブログの成長を感じ、自分も成長していきます。

インターネットで「ブログ SEO 書き方」などで検索してみてください。

たくさん出てきます。


目次
トップへ
目次
閉じる