【お知らせ】記事の中で文章がプログラミングのようなコードになってしまってる箇所があります。新しい記事を書きながら訂正していきますので時間かかります。

海外ボランティア先でスマホを使用する時の注意点【スラム街は特に気をつける】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
妄想の彼女
海外ボランティア先でのスマホの持っていくんだけど盗難が心配。

盗難されないための方法や注意点とかあったら教えてほしい。

わたたく
そんな教えてほしいにお答えするね。

 

今回の記事では、

  • 滞在先でもスマホの管理には気をつける【充電中に注意】
  • スマホの盗難にあったら
  • まとめ | 気をつけていても被害にあう時もある

について書いています。

 

 

この記事を書いている僕

  • 短期大学時代。2008年の8月にアイスランドへ(CIEE国際ボランティアプロジェクト)
  • 編入した関西外国語大学時代。2009年の8月にドイツで海外ボランティアに参加(CIEE国際ボランティアプロジェクト)
  • 仕事内容はアイスランドとドイツの両方とも自然保護
  • 大学卒業後はカナダと台湾にてワーホリ、世界20カ国の旅もして海外経験が多い
  • ※CIEE国際ボランティアプロジェクトは2021年3月31日に閉鎖

 

海外ボランティア先でのスマホは街中ではあまり出さないほうが良いです。

スマホばっかり見てしまうと盗る人のターゲットにされる可能性が高くなるからです。

 

わたたく
僕は発展途上国やスラム街での海外ボランティア経験はない。

でも2カ国海外ボランティア、2カ国ワーホリ、世界20カ国の旅の経験からの今僕が行くならこうやってスマホを使うってことを書いていく。

目次

海外ボランティア先でスマホを使用する時の注意点【スラム街は特に気をつける】

先進国、発展途上国やスラム街でのボランティア活動でスマホを使う時の注意点

  • 街を歩く時はグループで行動して基本的にスマホを出さない
  • スマホを出す時はグループで固まっている時。(グループから離れない)
  • 写真を撮る時もグループで。撮影した写真は滞在先に戻ってから
  • 夢中になって写真を撮らない(夢中になって人気が少ない場所にいる時がある)
  • 盗難のターゲットにされないためにスマホを出す必要がないときには出さない

 

わたたく
スラム街ではあまり写真を撮らない方がいいかもね。

目立つし。

 

滞在先でもスマホの管理には気をつける【充電中に注意】

充電中にお手洗いに行って帰ってきたらすまほがなくなっている場合もあります。

誰かに見てもらうのもいいですが、見てもらっている人も油断して友人と話し込んでいる間に盗られることもあります。

スマホ以外の物もできるだけ自分で管理しましょう。

 

僕はメキシコに旅行していた時に滞在先の部屋で充電していたガラケーを盗られたことがあるよ。

部屋の扉に鍵がかからない4人部屋でね・

ちょっとお手洗いに言った時に油断した・・・。

 

妄想の彼女
気をつけるね・・・。

 

スマホの盗難にあったら

被害にあった悲しさやしんどさをちゃんと聞いてくれる人に話す(1人で考え込まない)

グループリーダーや対処してくれる人と一緒に盗難届を出す

盗難届の出し方や問題の対処方法は公式な情報で確認をしておく 地球の歩き方などで盗難の対処方法を確認しておく

※僕が持っている地球の歩き方ハワイI 2017~2018には旅のトラブル対策と安全対策に貴重品を紛失した時の対応が書かれてました

行かれる海外ボランティア先の国の公式な情報をしっかり読み込んでおいた方がいいです。

Amazonでの地球の歩き方の検索結果

 

妄想の彼女
被害にあった時はすぐに海外ボランティアの仲間に話すね。

 

まとめ | 気をつけていても被害にあう時もある

どれだけ気をつけていても被害にあう時はある

どれだけ気をつけていなくても運良く被害あわない場合もある。

 

わたたく
海外ボランティア先でスマホを使用する時は気をつけてね。

 

目次
閉じる