作業効率

音声入力のメリット11、デメリット6

音声入力のメリット11、デメリット6
妄想の彼女
妄想の彼女
音声入力のメリットとデメリットについて教えてくれないかな?

使ってみて良かったのかどうかも教えて欲しい。

わたたく
わたたく
そんな知りたいにお答えするね。

 

今回の記事では、

  • 音声入力のメリット11
  • 音声入力のメリット6

について書いています。

 

この記事を書いている僕

  • 2021年5月17日(月)から音声入力の使用を始める
  • 書く作業が便利になりすぎて音声入力は必ず使うほどに
  • ブログも音声入力を中心に書いている

 

音声入力って(ちゃんと入力出来るのかなぁ?)とか(なんか音声入力って恥ずかしいし使いにくいなぁ。)なんて思ってなかなか使いませんよね。

 

僕も興味はあったのですが、新しすぎて使っていませんでしたが・・・。

2021年5月17日頃から使い始めて

 

(なんで今まで使ってこなかったんだろう・・・。)

 

って思うほどに便利でした。

 

わたたく
わたたく
音声入力のメリットとデメリットを書いていくね。

記事の最後には音声入力の設定方法や関連記事も載せていくよ。

音声入力のメリット11

1 文字入力作業の効率が2倍以上になる

 文字の入力作業が本当に早くなります。

そんなに変わるのかな?って思うのかもしれませんがタイピングするより早いです。

 

わたたく
わたたく
僕はブログに書く内容を30分から1時間かけて下書きを書いていたけどね。

音声入力を使用してから15分から30分くらいになったよ。

妄想の彼女
妄想の彼女
そんなに変わるんだね。

 

2 モニターがたくさんあると効率はさらに良くなる

  1. パソコン
  2. パソコンに繋げるモニター
  3. iPad(音声入力用)

などを組み合わせると作業効率がさらに上がります。

 

僕がブログを書く時の流れです。

 

  1. パソコン画面で書く内容について調べる。
  2. iPadのGoogleドキュメントで下書きなどを音声入力。
  3. 音声入力したGoogleドキュメントをパソコンの画面で確認
  4. 縦のモニターで本文入力

といった流れで作業をしています。

 

わたたく
わたたく
書く作業が変わるよ。

 

3 考えたことがすぐに文字になる

タイピングが早くてもすぐに文字になります。

でも音声入力はタイピングよりも遥かに早く文字を入力できます。

 

わたたく
わたたく
考えたことがすぐに文字になるのは楽しいよ。

 

4 入力するための手の負担と腱鞘炎の防止

たくさん文字を入力するブロガーや物書きをしている人は手の負担が本当に楽になります。

 

わたたく
わたたく
音声入力をしてからキーボードでの入力って大変なことなんだなって気づいた。

 

5 立ったり、歩きながら文字を入力できる(家のみがおすすめ)

音声入力は立ちながらでも歩きながらでも文字を入力できます。

家の中だけでやってくださいね。

 

ずっと座りっぱなしで文字を入力しなくていいのは次に書いている肩こりや腰痛の予防にもなります。

 

妄想の彼女
妄想の彼女
外で歩きながら音声入力をするのは危ないからやったらいけないね。

 

6 目の疲れが楽になる

画面をずっと見ないでも文字を入力できるので目の負担がとても楽になります。

 

妄想の彼女
妄想の彼女
あたしのパソコン画面に天井のライトが映って目がしんどくなってくるんだ。

だから音声入力なら画面を見続けなくてもかけるからいいなって思う。

 

7 ゆっくり、はっきり話すようになる

音声入力でちゃんと入力してもらうためにゆっくり、はっきりと話すようになります。

 

わたたく
わたたく
誰かと直接話す時にも滑舌がいいねって言ってもらえるようになるかも。

 

iPadでは小さい声でも聞き取ってもらえます。だけれどもちゃんと聞き取ってもらえる確率は減ります。

 

歌手や声優を目指している人は発声練習になる

シンガーソングライターや声優を目指している人は音声入力を使用するといいですね。

聞き取ってもらえないところはちゃんと発生できていないのかもって気づけるし練習になるので。

 

わたたく
わたたく
使用する媒体によって音声入力の聞き取れる性能は変わるので期待はしすぎないほうがいいけどね。

 

8 頭の体操になる

頭の中で文章ができるだけ分かりやすいように考えてから、音声入力をするので頭の体操になります。

 

わたたく
わたたく
完璧すぎないように音声入力してるよ。

細かいところはどうしても手での入力がいるからね。

 

9 眠気の予防

声を出して書くことにより、眠気に襲われることが改善されました。

 

わたたく
わたたく
キーボードで書く疲れも軽減されてるから作業中に眠気を感じるのも遅くなったよ。

 

10 寂しさが改善する【個人による】

1人の環境では声を出すと言うことによって1人を感じることが少なくなる。

 

わたたく
わたたく
人によっては1人で音声入力していたら寂しさを感じてしまうかも。

僕は会話形式のブログの文章を書いているし、寂しさは以前より感じず、楽しくなっているよ。

 

11 かっこいい、楽しいと感じる

音声入力で上手く文章構成ができたりすると、自分ってかっこいいだったり、楽しいと感じます。

 

わたたく
わたたく
僕は楽しいって感じることが多いよ。

 

音声入力のデメリット6

1 機種によってはちゃんと音声を聞き取ってくれない

Windows10のパソコンのGoogleドキュメントではまだまだ聞き取ってくれないです。

 

わたたく
わたたく
機能が改善される度に使いやすくはなっていくよ。

僕はiPadの音声入力を快適に使ってる。

 

2 修正しないといけない

iPadでは句読点『、』『○』、改行は音声入力が出来ています。

だけど文章の構成は完璧に出来るわけではないので構成を並べ替えたりする必要はあります。

 

わたたく
わたたく
修正する必要があってもキーボードで入力するよりも早いよ

 

3 HTMLやプログラミングの音声入力は厳しい

ブログの装飾作業、例えば『 』とか『』のようなHTMLの音声入力は厳しいですね。

プログラミングも音声入力はしんどいですね。

 

わたたく
わたたく
僕はHTMLは今まで通りにキーボードで入力をしているよ。

単語登録で『k1』って入力したら『』って変換されるようにしてるから楽なんだけどね。

 

4 周りに人がいる状態では使いにくい

周りの人がいたら集中力を乱してしまいますからね。使いにくいです。

それに音声の内容も全部聞こえてしまいます。

 

妄想の彼女
妄想の彼女
1人の時にやるのがいいね。

 

カフェとかで音声入力すると大迷惑になりますね。

 

5 家の壁が薄いと外に声が漏れる(木造建築の場合)

家の壁が薄いと外に声が漏れる可能性があります。

 

わたたく
わたたく
たぶん僕が大きい声で話すと外に漏れている・・・。

仕事で弾き語りをしていたことがあって声が大きいからね。

 

小さい声でも聞き取ってもらえるので小さい声で音声入力しようと意識しています。

 

6 恥ずかしいと思う人は使いにくい

音声入力が恥ずかしいと思う人は使うことが難しいかと。

恥ずかしさが勝って、考えることに集中できないならキーボードで入力したほうが早いです。

 

わたたく
わたたく
僕も最初、恥ずかしいなって感じたけどもう気にしなくなった。

恥ずかしさよりも身体の負担が減って効率が良くなったからね。

 

まとめ | 音声入力なしの人生はもう考えられない【設定方法などの関連記事へ】

わたたく
わたたく
右下の矢印みたいなのをクリックするとまとめが出てくるよ。

 

音声入力のメリット11まとめ

 

音声入力のメリット11
  1. 文字入力作業の効率が2倍以上になる
  2. モニターがたくさんあると効率はさらに良くなる
  3. 考えたことがすぐに文字になる
  4. 入力するための手の負担と腱鞘炎の防止
    立ったり、歩きながら文字を入力できる(家のみがおすすめ)
  5. 目の疲れが楽になる
  6. ゆっくり、はっきり話すようになる
  7. 歌手や声優を目指している人は発声練習になる
  8. 頭の体操になる
  9. 眠気の予防
  10. 寂しさが改善する【個人による】
  11. かっこいい、楽しいと感じる

 

音声入力のデメリット6まとめ

 

音声入力のデメリット6
  1. 機種によってはちゃんと音声を聞き取ってくれない
  2. 修正しないといけない
  3. HTMLやプログラミングの音声入力は厳しい
  4. 周りに人がいる状態では使いにくい
  5. 家の壁が薄いと外に声が漏れる(木造建築の場合)
  6. 恥ずかしいと思う人は使いにくい

 

わたたく
わたたく
僕は音声入力はこれからもずっと使用していくよ。

本当に便利だからね。

妄想の彼女
妄想の彼女
色々と教えてもらってあたしも音声入力を試したいんだけど設定方法とか教えてくれないかな?

 

わたたく
わたたく
音声入力の設定方法や関連記事を下に置いておくから確認してね。

 

ABOUT ME
わたたく
『わたたくわくわく』はワクワクして挑戦したことや気づきを書いて、ブログと一緒に自分を成長させることが目的で運営をしています。海外経験/読書/漫画/アニメ/映画/音楽/ゲームからの気づきなど、成長すると感じたことを何でも書いています。興味があるものをお読み頂ければ嬉しいです。