当ブログ運営者のプロフィール

わたたくわくわくのメイン画像

意見を聞いてくれず、考え方を押しつけてくる親とケンカばかりの生活がしんどかったことがあります。

耐えられなくてばぁちゃんの家に住んだけど・・・。じいちゃんといつもケンカばかりしていてリラックスできなかったです。

(勉強して、成長して自分が変われば状況は変わるんかな?変えたいな。)

変わろうと行動を始めたあの日のおかげで、ブログは多くの成長とワクワクをくれることに気づけた今に繋がっています。

 

わたたく
わたたく
どうも~♪初めまして。成長を感じるのが好きなブロガーの「わたたく」と申します。
妄想の彼女
妄想の彼女
どうも~♪わたたくの「妄想から生まれた彼女」です~♪

まずはあたしのわたたくの簡単なプロフィールから紹介させて頂きますねっ♪

 

わたたくについて

  • 【名前】 わたたく(男性)
  • 【年齢】 30代
  • 【出身】 大阪(今も大阪在住)
  • 【性格】 優しいと言ってもらえることがあります
  • 【恋愛】 独身で彼女なし(妄想の彼女はいる)
  • 【高校】 理数系(進路ミス)
  • 【大学】 関西外国語大学(短期大学から大学へ編入)
  • 【留学】 カナダ・台湾2カ国ワーホリ
  • 【職歴】 コンビニやスーパーの店員・留学生のサポート業・ライター(ラブコメ連載)・日本人のツアーガイド・シンガーソングライター(元大阪市鶴見区音楽大使)・幼稚園・結婚式の2次会のフォトグラファー
  • 【趣味】 漫画・ゲーム・読書・映画・銭湯・温泉・ビリヤード・アコースティックギター弾き語り・写真展巡り・写真撮影・国内旅行・海外旅行・国内旅行・妄想
  • 【特技】空手(初段)
  • 【旅】 世界20カ国の旅 ヨーロッパ・カナダ・アメリカ・キューバ・メキシコ・台湾
  • 【目標】 いつか結婚したいです。毎日ケンカをせず、お互いにプラスな気持ちで生活できる関係を築きたい。ただいまとおかえりのある家庭が欲しい
  • 【漫画】鬼滅の刃・僕のヒーローアカデミア・アンデッドアンラック・灼熱カバディ・高校生家族・磯部磯兵衛物語
  • 【ゲーム】ドラクエ・サクラ革命
  • 【映画】AI・イントゥ・ザ・ワイルド・オーブラザー・いまを生きる・さや侍
  • 【音楽】 福山雅治・玉置浩二・浜田省吾・コブクロ・Ed Sheeran・Justin Nozuka・John Denver
  • 【好き】 子供の純粋な笑顔。犬と猫。動物が好きだけど犬猫アレルギー持ち。マスク着けて一緒に遊ぶ

 

現在はブログにワクワクして挑戦したこと・勉強になるなぁって感じたことを書いて、成長を感じ、自分に自信をつける行動をしています。

今でこそ、嫌と感じてきたことを成長することを楽しいと思えるのですが・・・。

小学4年生から高校生3年生までは(全部どうでもいい。ゲームさえあればいい)という気持ちで生きていました。

わたたくのこれまでの人生

【小学生時代】僕は親のあやつり人形

「なんでこんな問題もできへんねん。」

小学4年生。算数の問題ができなくて母に叩かれた。

怖くて震え始めた僕。シャーペンを握る力もなくなってへにゃへにゃな文字を書いたら「ちゃんと書けと」叩かれた。

母に教えてよと言えば分からなかったのか「ガキのくせに」とつぶいやいて部屋を出ていった。

テレビを見て爆笑し始めた母に怒りを覚えた。

【高校時代1】家では何も話さない。何か言うと押しつけられて怒られるから

風邪を引いて病院へ行った時に症状を言うのは母だった。

服をいらないと言って買って着せてくるのもやめてくれなかった。

 

(何言っても無駄。どうせ無理。)

 

僕は僕の思うことを言うのをやめて自分にウソをつくようになりました。

塾に行きたくなくても「塾に行きたい。」

将来のために母と担任に言われ、行きたくないし本当に苦手だった理数系の高校へと進路も決めました。

高校で母と先生と僕の面接試験の後に母が僕に言ってきた。

 

「あんたちゃんと喋れるんやなぁ。」

 

それほどまでに僕は家庭で話さなかった。

【高校時代2】過呼吸で倒れて救急車で運ばれる

高校は苦手な理数系ばかりの授業で本当に苦しかったです。

ある時、母に花粉症かもしれないから耳鼻科に行きたいと言ったら「高校生は花粉症にならない。」という考え方を押しつけられて大ゲンカに。

 

(あかん。訳わからん。もう無理や。)

 

高校卒業後は自分の行きたい英語系の関西外国語大学を受験するも不合格。

関西外国語短期大学を受けて合格したが母は「男が短大は就職できない。」という考え方で大ゲンカ。

短大から勉強して大学に編入すると言っても無理と決めつけられて話し合いにならないので家を出る決意をしました。

家を出るまでの間。母と話す中で過呼吸で倒れ、救急車で運ばれました。

手足がしびれタンカで運ばれた僕。

視界が真っ暗になっていく中、当時住んでいた住民が見下ろしている光景を見て思いました。

 

(誰も助けてくれへん。)

【大学時代】海外ボランティアで自分が変わったのと成長を感じた

罰金13万円

ばぁちゃんの家に住み始めてばぁちゃんとじぃちゃんと僕の3人暮らしが始まりましたけど問題が・・・。

ばぁちゃんとじぃちゃんは毎日ケンカをしていて安心できる環境はなかったのです。

 

(疲れた。ちょっと家族から離れたい。)

 

英語を話せるようになりたかったのと、自分自身で成長を感じるために海外ボランティアでアイスランドへ行こうと決意。

母がばぁちゃんの家に来てスーツケースを詰め始め、ケンカは嫌なので全て任せました。

荷物は33キロ。飛行機の荷物超過で13万円の罰金をくらいました。

「そんなにいらない」って言っても聞いてくれないし聞かなかったことに責任を感じたのか払ってました。

罰金を払ってから、母は僕の荷物を詰めようとはしてこなくなりました。

 

アイスランドで変えた自分。大学に編入試験に合格

英語が話せない中、現地集合現地解散で何とかアイスランドの集合場所に到着。

外国人たちと話すには自分から話しかけないと相手にされなかったので勇気を出して話しかけました。

結果。

今でも付き合いがあるほど仲良くなれました。

 

(行動すれば変わる。もっと勉強しよう。それで日常英会話は話せるようになりたい。)

 

関西外国語短期大学から関西外国語大学の編入試験に合格できました。

合格通知が届いた時は本当に嬉しかったです。

 

ドイツで感じた自分の変化と成長

関西外国語大学に受かったら母は悲しそうでしたね。落ちたら「あたしの言った通りにすれば良かったのに」と僕を責めて支配してきたでしょうから。

そして手のひらを返して、今度は褒めちぎってくるようになりました。しんどさが増加しましたね。

大学3年の時に海外ボランティアでドイツへ行き、簡単な日常英会話は話せるように。

勉強して行動したら成長できることを知って、勉強が好きになり始めました。

【大学卒業後】家族と離れるためにカナダへワーホリと世界の旅へ

大学を卒業してすぐにカナダのトロントへワーホリに行きました。

海外生活にワクワクしたのと、いつもケンカばかりの家族と離れたかったからです。

カナダでも僕なりに行動をしました。(←後の実績で何をしたか書いています。)

カナダワーホリから帰国前に海外ボランティア時代の友人に会いに行く世界の旅へ。

日本にはない景色をたくさん見たら家族のことを忘れられたし、友人に会えて感動しました。

【シンガーソングライター時代】ただいまとおかえりのある家庭

海外で自分の考えを話し合って、聞いてくれる人が多かったので僕の性格は明るくなりました。

「なんか悩みがあったらいつでも声をかけてよ。」って毎日声をかけてくれていたばぁちゃんに心を開けるようになりました。

この頃はただいまとおかえりを言える家庭を初めて経験。

シンガーソングライターとしてもお店で1時間のワンマンライブをしたり、大阪市鶴見区のコンテストで優勝。

1年間大阪市鶴見区音楽大使として活動しました。

そのままシンガーソングライターとしてデビューできるのかと期待したのですが、大好きだったばぁちゃんが亡くなってしまい・・・。

シンガーソングライター活動も精神的にも体力的にも限界が来て活動ペースが落ちていきました。

【挫折】酒に飲まれるじぃちゃんとのケンカの日々

ばぁちゃんが亡くなってからじぃちゃんはお酒を飲みまくりで荒れました。

「お前ら若いものは何もできん。」

毎日僕や若者の文句を言って喧嘩する家庭に逆戻り。

じぃちゃんが酔って窓ガラスを割ったのも僕のせいにされて大ゲンカ。

音楽関係で人も信用できなくなっていて、後ろ向きなことばかりを考えていた時期です。

【ギリホリ】30歳で行った台湾ワーホリで写真の仕事と出会う

じーちゃんや母から逃げたくて。

30歳で台湾ワーホリへ行きました。

台湾の人たちは心が温かく、笑えるようになって(もう少しだけ頑張ってみよう)って思えるように。

写真の仕事と出会えて自分は音楽だけじゃないと気づき、生きる希望が出てきました。

 

【現在】ブログが自分を成長をさせてくれると気づいて書く日々

台湾から帰ってきてじぃちゃんは大人しくなっていました。

母にもやめてほしいことを言い続け、しんどさが改善。

帰国後しばらくは撮影の仕事をしていたのですがコロナで自粛。

時間が増えてブログを始めようと決意。

過去に700記事ほど書いて成長を感じずに消した経験があります。

だから文章の書き方とか意識してブログを書いてみたらとても成長を感じれているんです。

 

わたたく
わたたく
自分の経験や学びを人の役に立つように書いていて、自分の成長も感じて毎日楽しいよ。

調べる能力、構成、

妄想の彼女
妄想の彼女
なんか暗い話ばっかりだったけど前向きになってこれてて良かった!!

これから新しい人生が始まったって感じだね。

わたたく
わたたく
30代は今までと全く違った人生を過ごせる想像がいっぱい出来てね。

楽しみが多いよ。

当ブログのコンセプト

当ブログのコンセプトは『ブログと自己成長』

ワクワクしたことに挑戦。

経験をブログに書いて成長感じ、自分の枠を広げていきます。

 

わたたく
わたたく
海外経験・読書・漫画・映画・旅。人生経験をブログに書いていくよ。

自分の枠を広げるっていうのは、自分を変える努力をして新しい考え方ができるようになることって思ってね。

妄想の彼女
妄想の彼女
成長したことをたくさん書いたら枠が広がりまくるね♪

当ブログを書いた先に実現したい夢【ワクワクな人生を過ごしたい】

実現したい夢

ブログと一緒に成長して、ワクワクで楽しみが多い前向きな人生を送り続けたい。

書くことを仕事にしていき、好きな人と出会って結婚。

ただいまとおかえりのある幸せな家庭を築きたい。

 

誰かの考え方で生きていたり、過去にイヤな気持ちにさせられたことばかり考えて生きていると成長を感じられないです。

イヤな経験をただイヤだと思い続けるだけではなく、ブログで学んだことや改善案を同時に書き出せば自分自身へのアドバイスになって心が楽になります。

僕にとってのブログは後ろばっかり向いてきた人生を、前向きに生きること意識させてくれます。

自分のために書き続けたものが、お読み頂けた皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

 

これまでの海外経験と実績

以下の順で実績をお伝えします

  1. 海外経験
  2. 撮影と写真展の実績
  3. シンガーソングライターとしての経験と受賞歴
  4. メディアでの執筆

 

1 海外経験

海外ボランティアプログラム

  • 2007年8月 CIEE国際ボランティアプロジェクトでアイスランド
  • 2009年8月 CIEE国際ボランティアプロジェクトでドイツ

 

2つとも現地集合・現地解散だったので心が鍛えられました。

活動内容は自然保護関係。

世界各国からの仲間と3週間ほど生活をして仕事や異文化交流。

英語が話せるようになったきっかけです。

 

ワーホリ経験

  • 2011年3月~2012年1月 カナダのトロントへワーホリ
  • 2018年7月~2019年6月まで台湾へワーホリ

 

カナダと台湾ワーホリ両方ともで音楽や写真、案内の仕事に関わっていました。

当ブログで失敗談やこうしたら出発前から帰国後も充実したワーホリ経験をできる方法や考え方を書いていきます。

 

これまで旅をした20ヶ国

  1. カナダ
  2. アメリカ
  3. キューバ
  4. メキシコ
  5. アイスランド
  6. イギリス
  7. フィンランド
  8. スウェーデン
  9. ノルウェー
  10. デンマーク
  11. ドイツ
  12. フランス
  13. イタリア
  14. スロベニア
  15. クロアチア
  16. エストニア
  17. チェコ
  18. ポルトガル
  19. スペイン
  20. 台湾

 

ヨーロッパが特に多いです。

旅からの気づきも書いていきます。

2 撮影実績

  • 2011年~2012年 カナダワーホリ中に留学生を撮影
  • 2018年~2019年 台湾ワーホリ中にイベント撮影・旅。とりっぷのvol.121号の表紙写真を撮影
  • 2020年~ スクールイベント・結婚式の2次会の撮影

 

撮らせて頂いている方々の一瞬の笑顔や表情、仕草を撮ることを得意としています。

 

写真展実績

2020年5月 Photo Create開催 オンライン写真展『おうちで旅時間』に参加。

旅をしていたときの面白いと言ってもらえるお話をしながら写真を見せて、アコギ弾き語の演奏もしました。

3 シンガーソングライターとしての実績

  • 2011年~2018年に活動
  • 2014年に大阪市鶴見区のコンテストで優勝(1年間大阪市鶴見区音楽大使として活動。)
  • カナダワーホリ中にレストランで演奏
  • 台湾ワーホリ中に仕事として約半年毎週レストランでレギュラーとして演奏

 

4 メディア掲載実績

  • 2011年8月~2012年4月
  • カナダワーホリ中にトロントの日本人向けフリーマガジンTORJAにてラブコメディを執筆
  • バックナンバーについて

 

SNS

Twitter:(わたたく@Takuya_Watari

  1. 学んだことのアウトプット
  2. ブログ更新のお知らせ

 

わたたく
わたたく
ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
妄想の彼女
妄想の彼女
皆さん、今後ともわたたくをよろしくお願いしま~す♪