本の内容が身につく書評ブログの書き方と解説【テンプレートあり】

本の内容が身につく書評ブログの書き方と解説【テンプレートあり】

重要な注意事項
真似をするなら自己責任でお願いします

  • 詳しい内容の図解はしない書評の書き方です
  • 著作権などに気をつけて、具体的な本の内容は、読まないと分からないようにしている書評の書き方です
  • 具体的な本の内容は、読まないと分からないように工夫はしていますが、著者さんや出版社によっては、書いた書評の記事を削除する必要が出てきたりする可能性もありますので、真似をするなら自己責任でお願いします
困る妄想の彼女

ブログで書評を書こうと思ってるんだけど、どうやって書いたらいいかな?

書評を書いているなら教えてほしい。

わたたく

読んだ内容が実際に身についていると感じる書き方をご紹介するね。

今回の記事で書いていること

  • 読んだ内容が身につく書評ブログの書き方【テンプレート】
  • 本の内容が身につく書評ブログの書き方で、実際に書いた記事
  • 本の内容が身につく書評ブログの書き方のメリット15【書く人5つ・読む人5つ・本を書いた人5つ】
  • 本の内容が身につく書評記事のデメリット3つ【書く人】
  • 本の内容が身につく書評の書き方はブログじゃなくてもできる
  • まとめ | 本の内容を身につけて、自信をつけて、人生を良くしていこう

この記事を書いている僕

  • 本を書いた人、読んだ本人、書評を読んだ人がいいなと思えるように、どんな学びがあり、どんな変化があるのかが分かる書評を書きたかったから考えて書いてみた
  • 読んだ本人は、学びの項目で書いたことが分からなかったら、本を読み返すように工夫した書き方
わたたく

時間はかかる書き方だけど、本の内容が身につく書き方が分かるよ。

目次(タップ・クリックした項目へ移動)

本の内容が身につく書評ブログの書き方と解説【テンプレート】

読んだ内容が身につく書評ブログの書き方と解説【テンプレート】

  1. まえおき(最初の見出し前の文章)
    • 注意書きを書く
      • 読まないと分からないこと
      • コピペではないということ
    • なんの本について書いているのか
    • 読んでどうなったのか
    • 今回の記事を読んで何が分かるか
    • 書いた本人はいつ読んだのか
      • どんな目的で読んだのかを書く
      • 他のサイトからコピペしたんじゃなくて本当に読んでいるのかを証明
    • 紹介する本
      • 紹介する本の著者さんの簡単な説明
      • 本の内容を一言
      • 読むのにおすすめな人
      • 書評を書いてきた本を載せる
  2. 本からの学び
    • 実際に読まないと分からないように、本からの学びを書く必要があります
    • 学びを第1章から章ごとに考えるのもあり
    • 学びは3つまでと決めて書くのもあり
      • 学びを実際に読まないと分からないように書く具体例
        • いやなことを忘れて、吹っ切る方法 ページ数
        • 前向きな気持ちになる言葉「〇〇〇」 ページ数
        • 失敗が怖くなくなって、行動しようと思える考え方 ページ数
          など
  3. 本を読んで得られた変化
    • 何ページの前向きになる言葉「〇〇〇」を読んで不安になったときに、気持ちを切り替えやすくなったなど
  4. 読む前に知っておいた方がいい言葉の意味(なくてもいい)
  5. 本のイベントがあるならイベント情報
    • オンラインイベントなど
  6. 本の中からあなたに響いた言葉を名言として引用
    • できるだけ実際に読んでもらいたいので
      • 引用の数は少なめ
      • 僕は1つ
      • 多くて3つくらい
  7. まとめ
    • 学んだことを簡単にまとめる
    • 要約
    • 学んだことと要約を組み合わせるのもあり
わたたく

実際に書いた記事を載せるね。

本の内容が身につく書評ブログの書き方で、実際に書いた記事

この記事を書いた本人が書いた記事。

参考にしてくださいね。

わたたく

メリットを知ることによって、この書評の書き方の良いところをもっと伝えていくね。

妄想の彼女

デメリットも教えてね。

本の内容が身につく書評ブログの書き方のメリット15【書く人5つ・読む人5つ・本を書いた人5つ】

本の内容が身につく書評記事を書く人にとってのメリット5つ

本の内容が身につく書評記事を書く人にとってのメリット5つ

  1. 考える・試す・復習する・読み返す」行動をしやすい書き方
    • 本の内容がすっごく身につきます
  2. 気づきが増える
    • 実際に読まないと分からないように学びを書くことによって、学んだことに関して考える機会が増える
    • 考えることで気づきも増える
  3. 何度も読むことで、本の内容が身につく
    • 読まないと分からないように学びを書いているので、記事を読み返したときに学んだことが分かるか、自分で説明できるかを確認できる
    • 分かっていなかったり、説明できなかったらまた読み返す
  4. しっかりした読書習慣が身につく
    • 復習して分からないところを読み返すなら、1回読んで終わった~って読書をしなくなる
  5. 本の内容が身についたと感じて自分の自信になる
    • (この本、めっちゃ読んだ、できることも増えた!!)そう思えると自分の自信にもなります

本の内容が身につく書評記事を読む人にとってのメリット5つ

本の内容が身につく書評記事を読む人にとってのメリット5つ

  1. 購入するかどうかの判断がしやすくなる
    • こんな学びがあるんだ
    • 気になるし買った方がいいかな?
    • 合わなそうだから買わなくていいやって感じで判断しやすくなる
  2. 考える機会が増える
    • 本からの学びを分からないように書いているので
    • こういうことかな?
    • どんなことだろ?
    • 本を買って実際に読んで、考えたことが当たってたら嬉しい
  3. 本に興味がでる可能性もある
    • いろんな学びを書いてるので
    • 興味がでてくるかも
  4. 買う前に自分にはどんな良い変化があるのかを想像しやすい
    • 学べることだけではなく
    • 試してどんな変化があるのかも書いているので
    • 自分にはどんな変化がありそうか想像しやすい
  5. 自分が記事を書かずに、復習としても使える
    • 記事を書くのは時間がかかるし大変
    • 誰かが書いてる
    • 読み返さないと分からない学びを読めば
    • 復習になる

本の内容が身につく書評記事で、紹介している本を書いた人にとってのメリット5つ【本を書いたことがないので想像】

本の内容が身につく書評記事内で、紹介している本を書いた人にとってのメリット5つ【本を書いたことがないので想像】

  1. 本を実際に買ってもらえるように、気遣いを感じるのが嬉しい
  2. 何度も読み返してもらえると嬉しい
  3. すっごく読み込んでくれたんやなって分かると嬉しい
  4. この人はこんなことを学んでくれたんやって分かると嬉しい
  5. この人は実際に試して、こんな変化があったんやって分かると嬉しい
わたたく

僕が本を書いて、この記事の書き方で書評を書いてもらったら、上みたいな嬉しい気持ちにはなる。

妄想の彼女

いつか本を出版する機会があればさ、このやり方で実際に書いてもらえるようになれればいいね。

本の内容が身につく書評記事のデメリット3つ【書く人】

学んだ内容が身につく書評記事のデメリット3つ【書く人】

  1. 書くのに時間がかかる
    • しっかり読み込んでるし、しっかり書くし時間がかかる
  2. 1日で読んで、1日で書き上げようとすると疲れ果てる
    • 今日は1章、明日は2章。そんな感じで書いていかないとしんどい
  3. アクセスがきたりするのか分からないし、SEO的にいいのかは不明
    • 僕も書き始めたばかりだから、アクセスアップになるのかは分からない。まぁ、自分のためにはめっちゃなる書き方です
わたたく

記事を読む人や、本を書いた人にとってのデメリットは、長いと感じるかもね。

妄想の彼女

たしかに。学んだこといっぱい書かれてたら(めっちゃ書いてはるやん)って思うときはある。笑

本の内容が身につく書評の書き方はブログじゃなくてもできる

本の内容が身につく書評の書き方はブログじゃなくてもできる

ノートに今回の本の内容が身につく書評の書き方を真似して書けば、ブログを運営していなくても真似できます。

ただブログで書いたほうが、収益を得たり、仕事につながる可能性もあるので、可能ならブログをおすすめします。

※ブログで書評を書いたからといって、収益や仕事につながるかは分かりません。当ブログ運営者は「自分に自信がつくブログ運営方法10」て書いた運営方法でブログで自分に自信をつけています。すごくすごく大変だけど収益も少しずつ増えてきています(2022年6月28日の時点の情報)

わたたく

僕はSWELLっていうWordPressテーマを使用して、ブログを書いてるよ。

使い方マニュアルとかを読んで、勉強する必要はあるけど、そんなに難しくない。1回分かったら、文章の装飾もしやすいし、書くのに集中できるし助かってる。

これから本格的にブログを始めるなら
SWELLがおすすめ

SWELLの特徴を見てみる

まとめ | 本の内容を身につけて、自信をつけて、人生を良くしていこう

本の内容が身につく書評ブログの書き方と解説【テンプレートあり】のまとめ

  • 実際に読まないと分からないように学びを書くことで考える・試す・復習する・読み返す読書週間が身につく
  • 記事を書く人・読む人・本を書いた人それぞれにメリットがある
  • 書くのに時間がかかるというデメリットがあるが、日にちを分けて書けば負担は軽減される
  • ブログを運営しなくてもノートに書けるが、ブログに書いたほうが、収益を得たり、仕事に繋がる可能性がある
    • ※収益を得るのは確実じゃない
    • ※めっちゃ努力がいる
妄想の彼女

読んだ本が身につく書き方を試してみるよ。

教えてくれてありがとうね~。

SNSでシェアお願いします♪
  • URLをコピーしました!
目次(タップ・クリックした項目へ移動)