【評価・感想】FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコード

妄想の彼女

『FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコード』って本を買おうとしているんだけど、読んでみて何が参考になったのかを知りたい。

わたたく

そんな知りたいにお答えするね。

今回の記事で書いていること

  • FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコード購入者による評価・感想
  • FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコードからの学び
  • FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコードを読んだ後の勉強方法
  • まとめ | FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコード

この記事を書いている僕

  • Processingの勉強を独学中で、関連する本を読んで知識をつけている
目次(タップ・クリックした項目へ移動)

FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコード購入者による評価・感想

Processingの参考書を3冊、表現に関する本を1冊ほど読んだ後でも(こんな表現もできるんだ)って思えました。(作ってみたい)ってやる気にも繋がりましたね。

また、「 アルゴリズム、トランスコーディング、可視化 」など、これまで読んできたProcessingでは分からなかった言葉の意味が分かったので嬉しかったです。

わたたく

アルゴリズムの説明は14ページにあったよ。

FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコードからの学び

  • プログラミングは、表現の自由度を圧倒的に増やしてくれるし、作品を作成する効率も上がる
  • 46ページにあるような、繰り返しの技法とキャラクターを組み合わせる表現を知ることができた
  • 風景のトランスコーディングという技法もあることを知れて嬉しい
妄想の彼女

自分がしたい表現があったんだね。

FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコードを読んだ後の勉強方法

今まで4冊ほどクリエイティブコーディングに関する本を読んできて、自分がProcessingやp5.jsでしたい表現がある程度見つかったので、調べながらコードを書き、自分なりの作品を作っていきます。

わたたく

すごい作品を作るというよりも、一歩ずつ、まずは自分が笑顔になれる表現をしていきます。

まとめ | FORM + CODE デザイン/アート/建築におけるかたちとコード

プログラミングでクリエイティブな表現をしたい方で、知識を身に着けたいかたにおすすめな本です。

監修:久保田 晃弘, 翻訳:吉村 マサテル
¥2,566 (2022/09/05 13:22時点 | Amazon調べ)
目次(タップ・クリックした項目へ移動)